2006年 12月 15日 ( 2 )   

鋼田一忍44歳。第二部Ⅶ   

2日後、福山は仕事の段取りを付けてから、忍宅に向かおうと思っていた。。。

忍宅では母親がアシスタントの芹沢孝徳に自慢気に鮪の大トロの柵を見せていた!

芹沢君見て、この大トロ!デパートの地下で売ってたから、奮発して買ってきたの!高かったけど忍も大好きだし、芹沢君も食べてってね!忍も早く散歩から帰ってくればいいのに・・・
あれ?芹沢君?今日のお昼ここで作ったの?

芹沢
いいえ、今日は作ってませんけど・・・どうかしましたか?
うん・・・刺身を切る、柳刃包丁が無いのよね~、私が何処かにしまったのかな?まあいいや、もう一本の包丁で切ろう。

仕事を終らせた福山は、忍宅に向かっていたが、帰路は酷い渋滞中で中々前に進まなかった。。。
何気に忍の散歩の事が気に成った福山は何故急に散歩するのだろうか?何時から散歩する様になったのか。。。
忍は・・・キャロルの隠れ家が判ってから散歩をする様になった。。。30分程で帰ってくる・・・30分・・・片道15分か・・・
・・・15分!!
丁度万毛町の珍宝橋の辺りじゃないか?
まさか!忍は!!

福山は何かピンと来たらしく、強引な追い越しで渋滞を抜け、忍宅まで急いだ。。。

続きを読むにはこちらを・・・
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2006-12-15 14:50 | 2流小説。

鋼田一忍44歳。第二部Ⅵ   

それから数日後・・・再門探偵事務所より、忍宅に居る福山の元へと連絡が入った!
再門です、キャロルさんの居場所が判りました!万毛町の珍宝橋の横のアパートの2F203号室に同郷の女性に匿われています。
福山は
分かった!今すぐそっちへ行く!
忍は・・・
万毛町・・・珍宝橋横のアパート・・・
ボソッとと呟いた。。。

福山は直ぐに松下丈太郎氏に連絡を取り、芹沢孝徳アシスタント等と共に、
炭火焼き鳥一酸化炭素で忍そしてキャロルの近況を報告がてら、今後の対応策を練った。

兎に角忍は極度の鬱状態で、この状態のままでの話し合いなぞ絶対に不可能だ!とりあえず忍の健康状態を少しでも良くするのが先で、キャロルちゃんにも忍と会ってくれる様に頼むしかないとの結論に達した!

翌日、福山は松下と一緒に忍宅へ行った・・・
忍は少し食欲を取り戻したようで、昨日は散歩にも出かけたらしい。。。
忍・・飯だけはちゃんと喰えよ!昨日は散歩に行ったらしいな?何処へ行ったんだ?
しかし忍は
・・・・・
無言だった。
それから数日間、福山氏は多忙を極め、忍宅にいけない日が続いていた・・・
1週間振りに忍宅へ姿を現すと、忍の母親が出てきた
福山さんいつも有難う御座います!忍は最近毎日散歩に行くように成ったんですよ♪30分位ですけど。食欲は有ったり無かったりですけど。

そうですか!大分落ち着いてきたんだね。
散歩は何処へ行くのかな?さてお母さん、ちょっと私は忙しいのでこれで、また明後日辺りに来ますよ!

[PR]

by bukkakedaimaoh | 2006-12-15 10:45 | 2流小説。