2006年 09月 27日 ( 3 )   

鋼田一忍44歳。Ⅴ   

1時間ほどでPASIGのホテルに着き、家族にはロビーのカフェで待ってて貰う。
シャワーを終えた忍はホテルのフロントで10万円両替する。
この後キャロルの家族とオルティガスに在るシーフードマーケットレストランに行った、駐車場にはフォードのエクスペディションや、他にも綺麗な車が停まっていたので、比国人の中でも比較的裕福な人達が集まる場所なのだと忍は思った。
するとそのフォードからは日本人が降りてきた、
互いにMCSさん・ロビソさん・大魔王等と呼び合い、何とかシャワー・英国人・・・サイモンと訳の解らない事を話していた。
この人たちも何処かのサイトの集まりなのか?と忍は思った。

しかし男だけで居る彼等を見て忍は哀れだと思った反面
‘俺は勝ち組だ!お前等みたいなチンカスとは次元の違う幸せを知ってるのよ!この綺麗な婚約者を見ろ!と悪態をついた。
彼等の横を通りすがる時、
忍は誇らしげに歩いた。。。。
1Fの市場で魚介類を買い、2Fのレストランで料理を食べるが、1つ気に成る事があった!ドライバーの従兄弟が忍に対し偶に嫉妬心の目を向ける事が有ったのだ・・・
忍は思った、
俺は金も持ってるし、ルックスも良くてキャロルとラブラブだから妬んでるんだな・・・と。

続きを読むにはこちらを・・・
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2006-09-27 19:54 | 2流小説。

鋼田一忍44歳。Ⅳ   

キャロルが日本を去ってから未だ2日しか経っていないが、忍の心にはポッカリと穴が開いた様に虚しい風が吹き抜ける。
キャロル・・・キャロル。
と口を開けば彼女の名を言うだけ。
でも虚しさを出すだけでは結果は出ない、忍は車に乗りJTBへ向かった・・・
やはりマニラ行きには
信頼のあるフィリピン航空
がベストと考えた忍は成田発PR/MNL行き往復を買った!
そしてその帰りスーパーに寄り、キャロルにお願いされた
カップヌードルシーフード味
を10箱購入し、さらにアーモンドチョコレートを50箱買う。
5泊6日のマニラ行き、忍は小遣いは100万あれば足りるだろう、と考え銀行で100万円下ろした。
翌日NFPの皆が新宿で壮行会を開いてくれた!渡比経験豊富な先輩方から色々なアドバイスを聞き、忍はいよいよ比国行きを実感してきた。

先輩方の助言は
両替は彼女の家族に行かせればOK!
との事なので、100万円の両替は彼女の家族にしてきて貰おうと思った。

続きを読むにはこちらを・・・
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2006-09-27 18:49 | 2流小説。

鋼田一忍44歳。Ⅲ   

その日から忍は毎日
何故だかフィリピンパブ
通称NFPに書き込みをし、そしてキンチョールさん、管理人のZEOさんとメールの交換をしたりして、気分は乗りに乗っていた♪

毎日キャロルに電話をし、毎日お店に通う内に忍は着ていく服や髪形、
そしていままで全く使っていなかった
香水を振り掛けるようになっていた・・・
NFPの仲間の話だと、ピーナに受けの良い香水はブルガリだというので、その日の内に購入した。
この頃に成ると、近所の顔見知り達に
忍ちゃんは最近垢抜けたというか・・変わったね!良い人でも出来たのか?憎いね~この!
と言われる回数も多くなった。
そして毎週の様に行われる気の合った仲間達との飲み会!飲み会毎に忍のピーナに対する知識は増えていった、
アコ・イカウ・シャ・バケット等のタガログ語・・・
そしてプロビンス=出身地田舎。コントラクト=契約。この手の英語も覚えてきた・・・
何時しか忍はNFPの飲み会の名幹事として、名を馳せる様に成っていった。

そして・・・数ヵ月後にキャロルは忍にこう告げた・・・
アコ、来月マニラに帰るでしょ!アナタマニラまで来て、私が帰った後1週間したら来てよ。
深くソファーに座っていた忍は周りのお客を見ながら
俺は・・・勝ち組だ!女の子から誘われたんだ。
と得意気な顔をしてキャロルにこう応えた
オフコース。
仕事の限が付けば1週間でも2週間でも休める、残った仕事はアシスタントの芹沢孝徳君に任せれば良い。
忍は来月のマニラ行きを決めた。
そしてキャロルが日本を去る日、100万円をポンとあげ、
じゃあ1週間経ったら行くからね。
と約束した。
2006/4/22・・・
キャロル帰国。

忍は目に涙を浮かべながら自室に居た、そしてグラスに氷を一つ居れ、大好きなウイスキーを注ぎぐ・・・そして
My wayのテンポをずらしながら歌った。
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2006-09-27 07:12 | 2流小説。