2005年 10月 22日 ( 2 )   

ネタ。   

え~jetさんからこの様なコメントを頂きました!
最近の大魔王のブログはコメントするの難しいなぁ(涙)。
読者様のコメントを大事な糧とする私にとっては死活問題となります!
ううふふふ~

そこで!どんな話題がいいのかな?痛い親父編?凸凹編?それともお前凄いな!賭ける人たち編?
しかしあまり過激な事を言うとお叱りが来ちゃうしな~(涙)。
いいひひひ~

今はリズムが下がっている時期なのかも知れませんね。
やっぱブログを続けるって根気が要るし、4月から本格的に書き始めて6ヵ月半(200日)で約280件の記事を書いてきたので、一寸小休憩が必要なのかな?と思いますが。
来週より3流紙に載っている様な4~5話で纏める物語を始めようとしていたので、それを書き上げてからバンコクへ行きます!
えでんさんと同じ便なんだよな(笑)!
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-10-22 21:00 | フィリピン・ピーナ

昔の話。   

ず~と前の話。
私が16歳の頃だから、もう30年以上も前の事になりますね。
当時家はとても貧しく、家計もじり貧で私は定時制に通いながら、昼間は仕事をしていた!
仕事といっても何が出来る訳でもないので、雇ってくれるのは外の仕事!つまりド方だね。
ある時に車庫の解体ぶっ壊しの仕事があったんだ、車庫といっても細い鉄骨にブロック、そして屋根は4~5mmの厚みのスレート板でした。
そのまま機械で屋根ごとぶっ壊してしまえばいいと思ったが、スレートが粉々になって後片付けが大変だから、最初に屋根をはがしてから車庫をぶっ壊そう!との指示があった。
梯子で屋根に登り、剥がし始める。
そこへおっちょこちょいな親爺が登ってきた(笑)親爺はさ~て剥がすか!と意気揚々に屋根を歩き始めた(笑)。
此処で一つ説明したいのだが、厚み3~5mmの浪板・スレート板の上を人間が歩けるわけない!重みに耐えられないからね。歩くのだったら縦・横に組んである桟木等の上を慎重に歩くのが普通だ!
しかしその親爺はちがった(爆)!さ~て剥がすか!と言った後、臆する事無く、1歩・2歩と歩を進めて、3歩目で俺の視界から消えた(爆)!当たり前だ、厚さ3~5mmのスレート板なのだから(爆)
バリと音がした瞬間に下に落ちていったのだ(爆)高さ約3m程だったので、良かったと言えば良かったのだが、結局1ヶ月ほど入院していましたね(笑)。
入院後にこの様に言ってました、 いや~落ちた瞬間、目の前の鉄の棒を摑もうかな?と思ったんだけど間に合わなかったよ~と(爆)。
c0043168_8383785.jpg

[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-10-22 08:40 | 日常の事&事件事故に思ふ。。。