2005年 08月 05日 ( 1 )   

凄い搭乗者だ!   

そうあれは2003/10/9だったと思う。
その日私は新宿ラーメンで昼飯を食べながら、マニラ新聞を読んでいた・・・
その中に目を引く記事が有った!『殺人を犯した日本人男性、ブラカンに潜伏中に逮捕される!』こんな強烈なタイトルだったと思う、何でもこの男(37歳)は愛知だったかな?で同僚を殺害し比へ逃亡、比人内縁妻宅(ブラカン)に潜伏中に逮捕されたようだ。

遊びで比国に来れば楽しいのにな~、しかし人を殺しちゃいけないよ~なんて思いながら、ブルゴスのハッピーアワーで楽しみました(笑)。
そして翌々日だったかな帰国の為、当たり前ですがNAIAへ・・・
案の定沢山の人が並んでいました、並びながら周りを見ていると、何だか不自然な日本人の4~5人のグループが居まして、何ていうのかな、彼らだけ特別扱いの様なと言うのでしょうか。
スラックスにYシャツ手にはセカンドバッグとお堅い仕事?って外見でしたが、内1人だけちょっと汚れた身なりだったんです、そして両腕を前にして手首の所にはタオルが掛けられていました。

はっ!瞬間的にコイツが例の潜伏犯だ!と思いました。
傍からみてハッキリ言って哀れに見えました、しかし本人は偉く落ち着いていた、代弁するならば 私は逃げも隠れもしません、この罪は償わなければいけません。と言ってる様な表情でした。
顔も変な顔ではなく、鼻筋が通っていて良い男だと思いましたし、年齢も37歳!
これからじゃん!って年なのに・・・
犯罪者は女の所に逃げると良く言うが、この人が捕まったきっかけってのは、多分 女のチクリだろうね(笑)金の有る内は良い子良い子しておいて、金が無くなったら 通報しますたーヾ( ◎-▽-)ノ~ ばーい
だったんだろうね!
本当に哀れに見えました。
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-08-05 10:20 | フィリピン・ピーナ