HIV!   

2007年の1年間に国内で新たに報告されたHIV感染者は1082人、発症患者は418人で、いずれも過去最多だったことが20日、厚生労働省のまとめで分かった。感染者と患者の合計は1500人(男性1384人、女性116人)となり、03年以降5年連続で最多を更新した。

同省エイズ動向委員会は「感染拡大に歯止めが掛かっていない。また、地方都市で患者数の増加傾向が見られ、地方の検査体制の充実を図る必要がある」と指摘した。 


またまたニュースを引っ張り出して来てのエントリーで、申し訳ない!
毎年感染者が過去最多の文字が躍ってますね。

単純に考えて、どれだけ世界中から日本に凹を求めて来る、オヤヂ達が居るのかな??
正直日本の凹売り~ナを求めて来るオヤヂなぞ、全く居ないと言っても過言ではないでしょう。
東南アジアの凹売り~ナが集まる歓楽街に比べると、その手の遊び場はとても粗末ですからね。
それでもこれだけの感染者達が居ると言う現実はとても怖いです。

タイの場合、エイズが多く、エイズ撲滅チャリティーやゴム推進運動などやって、病気に対する予防策をとってますが、やはり感染者は後を絶ちません。
ではフィリピンはどうか?
相当数居るのが現実でしょう。
少なくとも日本の数倍は居てもおかしくは無いでしょう。
あれ程の凹売り~ナが居て、数え切れないほどの男たちが凹を求めてフィリピンにやってきますから、またPの場合はゴムを付けなくても嫌がりませんしね。
これは在住の方から聞いた話だが、その方もマカティーメディカルセンターの医師に聞いた話だそうだが、
フィリピンの死因No1は肺炎だそうです!
ようはHIVに感染し、段々と体が弱り肺炎に罹り死んで逝く。。。
しかしHIV検査もなにもせずに、段々と体が弱って死んで行くので、まあ発展途上国では珍しい事ではないのかな?
周りも、
あ~体が弱って死んじゃった。。。
程度にしか感じない。
また凹売り~ナも働いてる内はいいが、引退し田舎へ帰った後に体が弱り亡くなる子も居るでしょう。
天使の街でもエイズで死んでる子も居ますしね。
まあ天使の街でエイズが居るんだったら、マニラにも居ますからね、
だって東京にはエイズは居ないけど、神奈川には居る!
と言ってるようなものですから(笑)
以前天使の街で少し働いてた魔女っ子は普通に
ピーナにHIV感染者は居るよ!
と普通に言います!
でも自国の何に対しても統計を取れない、比政府は感染者数の数を把握する事は不可能でしょうし、比には居ないと言う可能性も(笑)
またピーナ嵌りの痛いオヤヂは
ピーナは感染しない!
位の事を言う大バカ者もいますからね(爆)。
まあフィリピンには日本以上に感染者がいてもおかしくはないでしょう。
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2008-05-21 09:19 | 暗黒の負の語りかけ。。。

<< 行ってきま~す。 引きこもり! >>