凹を売った事のある女と無い女。   

シンディーロペス、18歳看護学生、将来の夢は看護婦になり、病気で苦しんでいる人達を一人でも多く救いたい。
しかし彼女は入学前に某55で働き凹を売った事があります。
理由は一つ!そう学費の為です。
彼女はこう言いました。
学校に入学するに当たり、沢山のお金が必要となりました、家は貧乏で家計も苦しいし、父は居なく、お母さんも病気がちで何とか週3回の日雇いの掃除婦をしていますが、そこで得られるお金などたかが知れています・・・でも私は将来ナースに成って、病気で苦しんでいる人達を勇気付け、救いたい!この夢は決して諦められる物では有りませんでした!しかし入学するにも、勉学に励むにもお金は必要です。しかし家にはそんなお金も無いし、小金持ちの親戚も居ません・・・自分でお金を作るしか有りませんでした・・・そこで私は一番手っ取り早くお金に成る、55で凹売りの少女を1ヶ月半やってしまいました・・・いけない事とは判りながらも、お金の為に凹を売ってしまいました・・・多分お母さんが知ったらとても悲しむと思います・・・でも仕方が無かったんです!お金が必要だったのです!私は絶対に優秀なナースに成り、病気に苦しむ人達を救い、勇気付け、立派な人間に成りたいと思います。 そう語り、シンディーは学校へと向かっていった。

マリアディアリノ・29歳・カラオケ店勤務。
マリアは紫煙を燻らせながら、我々にこう語った。
アタシの自慢って言ったら凹を売った事が無いって事かな!だってさ~売らなくても、お金沢山くれる馬鹿な日本人が沢山居るんだもん(笑)アタイがこの世界に入ったのが14歳の時でもう15年もやってるの、初めて日本に行ったのは18歳の時よ!この時はチョット不安だったけどさ~、私はバージンって言うと皆信じちゃってる事が驚きだったな(爆)バージンな訳無いじゃん!その後8回日本へは行ったけどさ~バンバンお金稼いだよ~、マニラに帰ってきた後も、毎月送金してくれる馬鹿男もいるしね、まあ今までお金には困った事は無いわね、友達の中にはさ~凹を売る女の子も居るけど、アタシに言わせれば頭悪すぎ~、だってそんな事させないでもお金くれる日本人沢山居るし~(笑)この間もさ~マニラに赴任してきた某日系企業の新人さん、に指名貰ったの。結構カッコイイし、性格も悪くないから、数回目のデートで凸凹したの!そしたらその後P35000のブレスレット買ってくれてさ~、彼は私の事を落としたと思ってるみたいだけど、思い込みが激しいわね(笑)この商売一度寝れば2年間は貢物に困らないから、そのプロローグって訳なの。まっ馬鹿な日本人が居る限り、アタシは凹を売らなくて済むし、お金には困らないって事!さてこれからピーノのホストのお店に言って豪遊しようっと!この間日本から50万円の送金があったから、パーット遣っちゃうんだ!
そう言いながらマリアは夜の帳の中へ消えていきました・・・
凹を売った事のあるシンディーと、凹を売った事の無いマリア。
貴方はどちらを選びますか?

これはフィクションですので、宜しく!
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2006-05-01 14:32 | フィリピン・ピーナ

<< GW DJ >>