ひ弱男・・・   

あれは・・・ってこの間の旅行ですから、たった2週間前の事です。
私はJUNYAさんのご好意で彼の友達にNAIA⇒ホテルまで送って貰う時の事でした、その友人が到着するのが、少し遅れて、スロープ下で待っている時の事、暇なので周りを観察しながら車を待っている時です。
空港の警備員や掃除夫?数人に囲まれているひ弱男が居ました(笑)しかし彼は一人ではなく、隣に本当に美人の女の子を連れていたんです、女の子は年の頃22~24位で身長165~170cmまあAクラスのタレントでしょう。
その子は警備員に何かを訊いているようでした、隣のひ弱男は多分始めての渡航なのかな?随分と不安そうにしていたのが、記憶に残っています(笑)。
その ひ弱男君は、横縞の(線が紫・笑)ロングTシャツを着て裾の締まったジーパンに靴の流通センターのワゴンセールで売っている、1番安い紐合皮靴で自分で毛染めを買ってきて、適当に塗ったムラの有る、やや天然パーマの野口五郎を30代にした様な野朗でした(笑)。
しかしあの綺麗な姉ちゃんもあんなひ弱男の何処に惚れたのかな(笑)
女心と秋の空・・・って言葉が頭の中に流れました・・・
結局ひ弱男は綺麗な姉ちゃんに腕を引っ張られて、スロ~プを再び昇って行きました(笑)。
同伴帰国かな?
こんな感じのTシャツで、縞の色が紫でした(笑)ロングTシャツでしたね。
c0043168_13172977.jpg

[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-12-21 13:18 | フィリピン・ピーナ

<< Bestアーティスト2005 帰国日 >>