超・勘違い女(爆)??   

比国の女と切っても切れない物・・それはお金!読者の方々もお金の催促をされて悩んじゃったなんて方も居ると思し、お金が無いからこそ簡単に金を出す日本人に寄って来るピーナちゃん達が居るのが当たり前でして・・・今回はお金の話をされた時の事を書きます。
あれは比国3回目の2003/3/10と記憶している。
当時まだ友達の全く居なかった私は当たり前だが一人で行動していた、何日目だったか忘れてしまったが、ブルゴスの某バーに行った。
女の子は比較的可愛い子が多く、俺も恍惚の表情を浮かべながら飲んで選んでいたのだが、今一つこれといったのが居なかったんだよね、そして店内では白く見えた子を選びBF!
まあ明るい所でみたら一寸白粉塗って白光りしていただけだったのだが(笑)。
そしてホテルへ帰り凸凹後に一緒にTVで放送していた洋画を観ながら、色々話しをしてる内に寝むってしまいました。
次の日は一緒に朝飯?というよりも昼飯かな?を食べてお別れしました。
ハッキリ言って悪い子ではないし、悪の華を持っている雰囲気も無くまあ普通の子と表現するしかないかな!?
そしてその夜は一緒に夕飯を食べ、彼女がお店を休むから一緒に居て良いでしょ?と言ったが今夜は忙しいので駄目、さあお店に行きなさいよ!と無理やり出勤させ私はパサイのお店や某喫茶店で飲んで楽しんで、ホテルへ帰ったのがAM4時頃だったと思う。
その1時間後に彼女はやってきて、開口一番『嘘吐き・・・』と言ってました(笑)
そしてお昼頃彼女は帰って行き、それ以降は滞在中に彼女とは会わなかったんですよ。

そして東京・・・。
何となく暇だったので《そうだ!暇つぶしにあの女に電話でもしてみるか~》・・・・しかしこれがいけなかった(汗)何を勘違いしたのか毎日5回程の国際電話&メールの嵐でしつこい・しつこい。

そして数日後、電話が鳴る・・・『もしもし!送ったメール見た!えッ未だ見てない?大変なの今日の朝4時に

私の家が燃えちゃった~!

全部失ったのお願い私を

助けて~~



          (爆)

何なのだこの女は(笑)送ったと言っていたメールを見てみよう・・・。
フムフム・・なんですと・・?

『私の家がAM4時に燃えてしまった!貴方から貰った携帯のストラップも燃えてしまった(では何故携帯から電話してくるの??爆)全て失ってしまったわ~、お願いお金を送って私を助けて~。』

以上の様な内容だった(´Д`)ハァ・・・いい加減しろと言いたいですね!
何なのかな?この様な事を言えばお金を送ってくれる日本人が沢山居る?もしくはその様な噂を聞いてるのかな?この馬鹿女からはその後もしつこく電話があり、数ヵ月後にはメールで『久しぶり!元気ですか~!私は元気~』とぬかしてきやがったあの大馬鹿女が~!って段々俺様口調になってきてしまった、その後メールは着信拒否。
暫く経って・・・・2004/3月だから丁度1年経った頃この馬鹿女から再び電話が有った(笑)
『私**だけど~、何時もメール送ってるけど私の事覚えてる?』と言って来やがったあの馬鹿女、途中でブッチ切ってやりました。
そして次の日携帯を替え悪霊払いは終わりましたが・・・あれから数ヵ月後・・。

2004/11月、エルミタクラブの関係でJAYさんとマカティーパレスホテルのロビーで落ち合った、初対面だった。2階の居酒屋で飲んで、さてバーホップでもしませう、JAY氏は比国2回目でお店を知らないので、私が案内しますと某バーへ・・そうあの馬鹿女が働いていたバーだ、もうあれから1年半が過ぎ、流石に居ないだろうな~居ても関係無いシカトだ~と店内へ、
中を見渡すが居ない、一先ず安心だ~では乾杯~と呑んでいると、出勤してくるダンサーが未だ居る、時計を見るとまだ早い時間だ我々の動く時間が早かったのかなと思っていると・・・
出勤してきたダンサーが『あっ!』と声を上げた、何だこいつは~と見ると・・・ゲッ!
あの馬鹿女じゃねーか、しかもストレートパーマ掛けてレイヤー入れて俺好みの髪型に成ってるじゃん(笑)それから奥に行くまでズーット俺の顔を見ていたな(汗)
その直後我々は退散!吃驚したなーもう。

その子はブルゴスの某店に居ますので誰か優しくしてみては如何ですか?
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-04-12 20:23 | フィリピン・ピーナ

<< アスターホテル 石川髭美 >>