続・ぶっかけ編。   

一昨日UPした、某マッサージでのお話。
その日も私は朝一でお店へ行き(AM10:00)何時もの様に眼を見開いてタイプの子を探した。
居ました居ました、背が小さく華奢で色の黒い大人し目の子で速攻で指名。
そして部屋で待ち数分後に現れました、綺麗系ではなく可愛い系かな?
年は19歳・出身はセブで今はこの仕事とプロモーションを掛け持っていて、来月には念願の日本でタレントの仕事が出来るんだ、場所は福島!と嬉しそうにはしゃいでました(笑)日本語は殆んど出来ませんでしたが、性格が良く・体も良く・気立ての良い子ですので一緒に居ると楽しかったです。
さて肝心のマッサージですが華奢な為力が無く、ハッキリ言って気持ち良くは無かったが一生懸命してくれるので、その気持ちだけで合格でしょう。

そして最終目的の凸凹へ、細い体だが出ている所は出ていて良かったです。
そして最後に直前交渉に入ります、彼女はうん、いいよ!と頷き私はピロ~シャワ~の体勢に入り、いざ尋常に!
今だ~とピロ~シャワ~・・・彼女は固まってると言うより呆れているのかな(笑)。無言で鏡台の前に行き鏡で顔を見ながら、ぶっかけをティッシュで拭いています・・・無言で拭いています・・暫しの沈黙の後!
キリッと私の方を見て、な・なんと日本語で一言


アナタ ワルイナ~

と言われちゃった(爆)なんでこんな日本語を知ってるのかな?その後彼女が福島のPPでお客さんに適当な嘘ぶっこいてる場面を想像すると笑ってしまいますね、私に超ピロ~シャワ~喰らってるのに。
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-04-09 18:00 | フィリピン・ピーナ

<< 本日の予定。 Oxford suite hotel >>