臭い・・・(笑)。   

く、く、く、臭かった!いままで10数回比国に行き100人以上と凸凹をしたと思う、いろいろな娘が居たが忘れられない娘達が数人居ます。愛してるとかそういう次元の問題ではなく臭い女たちの事(笑)。 トラックバックした俺様のブログにもある様にかなりこの手の女は多いようだ(爆)初めてその女に会ったのは渡比2回目、つまり2003/1/29だったと記憶している、その日JAL午前便で到着した私は到着後にマッサージへ行き夜はパサイのイーストエイジアで飲みツーリストプライスで結構な勘定を払い(笑)。その後ブルゴスのフィーリングSTへ,暫く一人で飲みながら周りを見渡すと・・・居た!カウンターに2人組みの可愛い子が!早速話し掛け一人を持ち帰ることにブルゴス~マンダリンホテルまでタクシーで帰ったがメーターを使わなく微妙にぼったくられまして(笑)最初の頃は怖くてメーター使え!と言えませんでしたね。さていよいよ凸凹の開始です、女の子は19歳の55ガール??フリー?の子でして顔は悪くなくスタイルも良かったです、口癖はoh~my GOD(笑)何度も飛び出していましたよ(爆)そして凸凹です、いい感じで進んでいましたが10分ほどたった頃だったかな?体が温まって来る頃ですので10分経過した頃でしょうか、何処からとも無くプ~ンと物凄い臭いが漂ってきまして(笑)何と表現していいのかな~目に染みる臭い!と言ったらいいのか。臭いの質は比国に在る古いトイレのツーンと来るアンモニアの臭い&烏賊の臭い??(笑)をMIXさせた臭いが(比率70%対30%)。
物凄い臭いの中着実に任務を遂行、最後はお約束の超・ぶっかけで終わりました。
ちなみにこの時のぶっかけ が初比国ぶっかけでした。
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2005-04-05 11:12 | フィリピン・ピーナ

<< 表情? 最後の夜Ⅱ >>