男の甲斐性?   

よく東南アジア~ナと付き合う事は、男の甲斐性だ!
との声を聞きます。
まあ甲斐性か、経済格差を利用してるかは、個々の見方の問題なので、此処では深く何も言いません。

先日、あるピーナ嵌りのオヤヂの日記を読みましたら、

PPに通う我々はピーナの生活環境その他を理解してあげている。
しかしキャバクラに通う客はただの鴨だ!
ですので我々ピーナ好きなオヤヂの勝利です!


と訳の解らない自論を展開してて、笑っちゃいました(笑)。

ピーナ好きだろうが、日本人の若い子が好きだろうが、それはその人の好みだろうが、ちょっと思った事を言わせて貰うと…

ピーナが好きで、ピーナと飲むのが楽しい!
しかし、日本人と飲むのは嫌だ!
日本人の女はブスだし、スタイルも悪い!愛嬌もない!
しかしピーナはね~…

とオヤヂは言うでしょう。

しかしよくよく考えると、100%言葉の通じる自国で、同じ国で育った女と楽しく飲んで、柔らかい雰囲気で楽しい時間を過ごせる!
凸凹する、しないの問題では無く、場の雰囲気・座持ちの良さ!
これが出来るのも男の甲斐性ではないのかな?

そういうオヤヂには、日本人ホステスもこう思うでしょう。

この人の雰囲気だったら、外国人女性も惚れるよ~…うん、絶対に惚れる!
女として、惚れる東南アジアの子の気持ちが解るもん!

こう言われるのが男の甲斐性ではないでしょうか?

しかし現実は、この様な雰囲気あるオヤヂを演じる事が出来ない、口から出るのは悪口だけ!
これでは周りから、
あの人は東南アジア~ナにしか相手にされてないレヴェル、見ればわかるでしょ(笑)
と言われてしまう。
経済格差を利用して、NOと言えない状況にある東南アジア~ナに金の威を借りてしか、遊べないオヤヂと言われてしまう。

変にアラを探すよりも、大きな気持ちで気分良く、自国の女とも東南アジア~ナとも飲めるオヤヂ。
これが男の甲斐性・男っぷりなのではないでしょうか?
[PR]

by bukkakedaimaoh | 2009-06-10 11:37 | 暗黒の負の語りかけ。。。

<< その後のNFP その場の能書きオヤヂ(爆) >>